認知対策におすすめの成分

認知対策におすすめ成分

2025年には日本の人口は団塊の世代が75歳を超え、国民の3人に1人が65歳以上、5人に1人が75歳以上という今まで経験したことのない高齢化の社会を迎えます。 そして要介護者の数も増加し、「老老介護」や「認認介護」の数も増加していく一方となります。 そんな、「超・超高齢化社会」の一助となる成分や栄養素もあるので、普段の生活に取り入れる参考にしていただければと思います。


■DHA・EPA
DHAは神経細胞の情報伝達をスムーズにしてくれると言われています。食品ではアジやイワシ、サンマ、マグロ、サバなどから摂取することができます。

■葉酸
葉酸が不足することで「ホモシステイン」というアミノ酸が増え、体内の細胞を傷つけ血管がもろくなる可能性があると言われています。

■バコパエキス
記憶能力や学習能力に期待されているハーブです。

■ビタミンB12
ビタミンB12が不足すると認知機能や記憶力の低下などを引き起こすことがあると言われています。ビタミンB12はしじみやすじこなどで摂取することができます。

■コエンザイムQ10
アルツハイマー病や神経変性疾患のパーキンソン病の予防効果として近年研究が行われいます。

■レシチン
リン脂質を含むレシチンは脳神経や神経細胞を構成します。レシチンは大豆や卵黄に含まれています。

■ココナッツオイル
近年ではよく見かけるようになったココナッツオイルですが、話題になったきっかは「アルツハイマー病が劇的に改善した! 米国医師が見つけたココナツオイル驚異の効能(SBクリエイティブ)」という米国の医師による本がきっかけがあります。

■イチョウ葉エキス
ドイツでは医薬品として販売されているイチョウ葉エキスは、記憶力の減退やうつ、めまい、耳鳴り等の症状で使用をされています。

■プラズマローゲン
ホタテ由来のプラズマローゲン含有食品の経口二重盲検試験にてめざましい結果を残し医学雑誌「EBioMedicine」にも掲載され注目を浴びているサプリ。

上記のように高齢化社会に伴い必要な栄養素をしっかりと補うことは大切なポイントになってきます。これらの栄養は成分によっては酸や熱に弱かったりと、効率よく摂取できないものがあります。
手軽に補うためにもサプリメントがおすすめです。