コーヒー

世界中のトップ研究者が発見‼飲むだけで認知症予防

2025年に、高齢者の5人に1人が悩まされると言われている認知症。

現時点で、認知症とその予備軍とされるMCIの人は、65歳以上の4人に1人いると言われています。

先進国の中でも、日本人の認知症発症率はとりわけ多いとされています。

年々認知症患者は増加傾向にあり、2060年には高齢者の3人に1人が認知症になると予想されています。

もはや他人事ではありません。

”老々介護”や”認認介護”という言葉が生まれている背景には、深刻な社会問題があるからです。

今後さらに、介護も追いつかなくなり、徘徊などによって日本という国が機能しなくなる可能性があります。

認知症を予防するためには、早期に生活習慣の改善をする必要があります。

規則正しい生活を送り、バランスの取れた食事適度な運動が効果的です。

今回はその他に、ちょっと意外だと思われる認知症予防の方法をお教えいたします。

飲むことで予防

”カフェイン”には、集中力を高める作用があることが知られています。

最新の研究では、カフェインに認知症発症の抑制効果もあることが、いくつか論文として報告されているのです。

カフェインの認知症への影響は、メディアでも数多く取り上げられています。

カフェインを多く含むことで知られている代表的な飲み物は、コーヒーです。

例えば、オランダ国立公衆衛生環境研究所の研究によると、コーヒーを1日3杯飲む高齢者の認知機能の低下が最も小さく、逆にコーヒーを飲まないという高齢者の中には認知機能の著しい低下が見られる人が多かったそうです。

またコーヒーには、カフェインだけでなく、抗酸化作用を持つポリフェノールも含まれています。

抗酸化作用は、酸化や炎症などの老化を早める要因を抑制し長寿や健康維持に役立つ作用です。

コーヒーの適切な摂取量は、1日3杯程度といわれています。

さらに、ポリフェノールが豊富なビターチョコレートと、レシチンという脳を活性化させる成分をもつナッツ類と一緒に摂るといいようです。

コーヒーが苦手な方は、緑茶もオススメです。

日本人にはおなじみの緑茶にも、カフェインやポリフェノールは多く含まれています。

国内では、金沢大学医学部の研究では、緑茶をよく飲む人ほど認知機能が低下しにくいということがわかりました。

緑茶を継続的に飲むことで、”認知症の発症率が抑えられる”可能性があるのではないかとも言われています。

東北大学医学部の研究によると、緑茶を1日2杯以上飲むことが認知機能の維持に効果的だということも判明しています。

「認知症予防のために緑黄色野菜を積極的に摂ると良い」というのと同様に、カフェインにも血液中にゴミが溜まるのを防ぐ役割があるといわれています。

血流を良くし、なおかつ脳内の神経伝達を良くする働きがあるというのです。

とはいえ、飲み過ぎは禁物です。

カフェインの摂り過ぎは、心拍数の増加不整脈感覚過敏神経過敏睡眠障がいを引き起こす可能性もあります。

アメリカでは、カフェインが多量に入っているエナジードリンクを飲んだ少女が亡くなるといった事故も起こっており、過剰摂取には十分な注意を払うべきです。

持病などにより定期的に通院している方は、主治医とも相談した方が良いでしょう。

オススメの方法で予防

カフェインを控えている方、そして、毎日3杯もコーヒーや緑茶を飲むのが続かない方にオススメしたいのが以下の方法です。

それは、認知症サプリメントです。

しかし、認知症予防のサプリメントは、効果のあるものないもの含めて多く存在します。

サプリメントを選ぶ際には、ぜひ良質で安心安全なものを選びたいですよね。

認知症には、DHAやEPA、カフェイン、ポリフェノールが良いとお伝えしました。

それよりもさらにオススメの成分が、メディアでも話題の”プラズマローゲン”(Pls)です。

 

プラズマローゲンとは、体内で情報伝達に関わる重要物質の一つです。

低下した神経細胞の機能を改善・向上させる役割をはたしていると考えられます。

加齢に伴い、血液中のプラズマローゲンの量は、4割も減少するそう

さらに、アルツハイマー型認知症患者の脳内でも、プラズマローゲンの量が減少することが確認されました。

プラズマローゲンによる認知改善例

  • 記憶に関しての改善
  • 場所等の見当識障害の改善
  • 認知機能検査のスコアアップ
  • 幻覚、うつなど認知症の周辺症状の改善
  • 笑顔、気遣いができるようになった

 

最近、新聞やテレビでも取り上げられるなど、徐々に知名度が上がっているようです。

ホタテ由来の成分で、DHAやEPAも多く含んでいます。

ここで、”プラズマローゲン”を使ったサプリメントを1つ紹介します。

脳機能をトータルサポートしてくれるサプリです。

「RE:Memory(リメモリー)」といいます。→詳細

どうして、この「リメモリー」を紹介するのか?

それは、プラズマローゲンのみならず、DHA、EPA、”フェルラ酸(ポリフェノールの1種)”を配合しているからです。

コーヒーや緑茶を飲み続けるよりも効果があります。

それだけではありません!

今回”コエンザイムQ10”、”葉酸”、”ビタミンB12”といった認知症に影響する成分を贅沢に使い、認知症に総合的に働くサプリメントだからです。

しかも今なら、初回限定の購入がお得になります。

30日間であれば、返品が出来るのでぜひ1度試してみてはいかがですか。